看板屋日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

20年間の軌跡~4~

まずは、やはり親父の会社に挨拶に行きました、「今日から頑張る事にしました、宜しくお願いします」

しかし、それですぐ仕事をもらえるほど甘くはありませんでした。バイトの時あれだけうまいと言われていた作業も実際プロとして通用するレベルではなかったらしく、「お前にはまだ金は払えんわ!通常の半額程度でよければ考えてやってもいい」などと言われてしまいました。

ひどい言われ方に、くそ~~~!!っと思いましたが、ここはぐっと飲み込んで。修行のため、今後のためと、半額でも仕事をさせてもらうよう頭を下げたのです。プロとしてお金をもらう、稼ぐということの厳しさをまずここで実感したのでした。

そんな調子で始めた看板屋「マーキングニーズ」ですが、最初はやはり仕事もめったにまわしてもらえませんし、開店休業状態で、暇な時間を過ごす毎日でした。

看板の仕事がないなら、他のことでもして、とにかく何か少しでも収入を得なくては、と、当時は空いた時間に色々なアルバイトをしたものです。

まずは、知り合いの土木建築屋でのバイト。ここでは、荷物運びやアスファルトのならしなどを手伝い、約2ヶ月間、日給7500円をもらっていました。

それからラーメン車(これは最高に面白かったな~~)。朝1時間仕込みをして、夕方から深夜2時頃まで販売していました。売り上げは平均すると13,000円位で、取り分はオーナーと折半だったので6500円マイナス材料費。深夜まで働いてもこの程度だったので、割りにあわない仕事でしたが、これが結構楽しかったのと、意外と性に合っていたのでしょうか、昼間は看板屋をしながらも1年間、2足のわらじ生活を続けたのでした。

あとは、会社(兼自宅)の場所が、北九州市民球場の目の前なので、野球のある日はいつも、会社の前で迷わず生ビールを売っていたものです。生ビールのサーバーもレンタルして来て、結構本格的に売っていたのですが、これも結局、1日やって儲けは3000円位だったかなあ~~。

 苦しい下積み、修行時代。ちょこちょことある看板の仕事と、こういうアルバイトで、なんとか食いつないでいた日々なのでした。

つづく・・・・・・・・

スポンサーサイト

| 未分類 | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aseek.blog43.fc2.com/tb.php/16-04a151ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。